親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導も

親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導もしてもらった

がたいがいい若い歯医者さんが親知らずの虫歯を見て抜歯をすすめてきました
今回の治療は別の虫歯で、銀歯の付け替えがちょうど終了した時でした。
親知らずなので、物を噛むことには関与してない、
歯みがきでは磨きづらいし位置で虫歯が進行すると厄介なことになるという説明でした。

この先生は抜くのが好きなのかとも感じ、勇気を出して断りました。
歳をとったら一本でも大事にしたい。例え親知らずでもと思ったのです。
1年後、やはりその親知らずが痛みました。

少しの後悔と抜歯がちらつきましたが、結局抜かずに治療をお願いしました。
担当は年配の院長先生です。「抜くのが治療期間も短くて手っ取り早いが、
抜かずに神経を抜くという方法もあります」と言われたので、
神経を抜いてくださいと返事しました。

治療を始めてしばらくすると「おや、虫歯は神経まで到達していない。
これなら簡単に治せる」とのことで、その日で治療は終了してしまいました。
抜かずにがんばって良かったです。その後、順調そのものですから。

そして歯みがきの時は、親知らずもしっかりみがくように気を付けています。
虫歯治療など口の中のケアで重要なのは、要は自分の心がけなのかと思います。
少し前まで歯医者に虫歯治療のため通っていたのですが、
治療が一応完了したある時期から「ちゃんとした歯磨き方法は教えます。

ただちゃんと歯磨きをしてくれるまで今後の治療はしません。」と言われ、
必死で歯医者さんに指導いただいた通り歯磨きをするようにしました。
その結果とてもきれいな歯を維持できるようになりました。

色々と歯科衛生の道具も出ていますが、道具に頼るのではなく、
自分でしっかりとケアするのが重要だと学びました。