妊娠中は虫歯になりやすい?歯槽膿漏や効果的な虫歯予防法も

妊娠中は虫歯になりやすい?歯槽膿漏や効果的な虫歯予防法も

妊娠すると赤ちゃんに栄養をとられるので虫歯になりやすいって本当?

妊娠すると赤ちゃんに栄養をとられるので虫歯になりやすい、
というのをよく耳にします。
わたし自身、妊娠中に歯科検診に行き4本も虫歯が見つかりました。

それまで3年ほど全く歯医者に行っていなかったというのもありますが、
まさか4本もあるなんてショックでした。

歯医者で診てもらうと、虫歯が小さそうなので金属は入れなくても
いいかもしれないとの事で少し安心しましたが、実際に削ってみると、
歯の中で虫歯が広がっており、銀歯をする羽目になりました。

全く痛みもなかったので大きい虫歯があったことにショックでした。
これからは定期的に検診にいくべきだと思いました。

ただ、本当に妊娠で栄養を取られるのか?
確かにカルシウムなど、歯に必要な栄養素も減るわけなので一理ある
かもしれませんが、本当の所はわかりません。
私の場合は虫歯になってしまったので、ぜひ皆さんも気を付けてくださいね。

歯医者で歯槽膿漏にかかり気味だと言われました

若い頃はあまり歯の事は気にしませんでしたが、
ここ10年ほどは色々と気をつけています。

朝晩の歯磨きはもちろん、夜にはフロスをして
歯間の間掃除そしてマウスウォッシュもしています。

しかし私の歯並びや若い頃にケアをしていなかった事から、
少し前に歯医者で歯槽膿漏にかかり気味だと言われました。
今現在のケア以上に何ができる?とも考えましたが、
やはり今までにきちんとしていなかったからというのも大きな原因でしょう。
とりあえず毎日のケアをきちんとして、
なるべく症状が進行しないようにしたいと思っています。

効果的虫歯の予防法について

虫歯の予防について、何が効果的がご存じでしょうか。
私は長い間、歯磨きが有効な手段だと思っていたのですが、
さらに大事なことがあるのです。

それはだらだら食いをしないことです。
人間は食べると、口の中が酸性になります。
この時に歯が溶けてしまい虫歯に近づくのですが、
時間がたつと、酸性が中和され、歯の再石灰化が始まるのです。
このプロセスで歯の健康が保たれています。

しかしだらだら食いをすると、口の中がずっと酸性になり、
再石灰化が行われなくなってしまいます。
つまり、歯が溶け続けてしまうのです。
こうして虫歯が発生してしまいます。

虫歯の予防はだらだら食いをしないこと。
歯磨きも大切ですが、ますこれを実践することが虫歯予防では大切です。

歯磨きはめんどくさい、たとえ虫歯になっても現在の医療技術であれば、
1日歯医者に行けば治る。
しかし、今一日2回以上歯磨きをすることで、先週の歯医者でも
虫歯なく歯の清掃のみで終了している。
きっかけは、口臭が「どぶ」のような人に出会ってからで、
同じ会議でも対角線の席に座らないとかなり厳しい。

虫歯とかそんなレベルではない、本人に言えず、もちろん気づいていない。
家族の責任もある。
もし自分がそんな口臭であったらと思うとぞっとし、
それ以降歯磨きに加え、歯間ブラシを使用して口臭対策を行っている。
口臭の恐ろしさは、自分で気づくことができない点だと思う、
手軽に口臭チェッカーできる機会があればもっと歯磨き粉が売れるはず。

歯槽膿漏

歯槽膿漏についてですが、歯槽膿漏になる前にまずは歯肉炎になります。
歯茎が腫れて出血して、歯石もたくさん付きます。
その歯石を取らずにそのままにしておくと、段々と歯茎が下がって来て歯がグラグラと動き出します。
そのあと痛みがでて、そのままにしておくと自然に歯が抜けることがあります。
それをそのまま放っておくと、歯が段々少なくなって結局は総入れ歯になります。
歯槽膿漏になると、口臭も凄くして口の中がネバネバしてきます。
そうなる前に歯みがきと定期検診は必要です。

関連ページ

親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導も
親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導も-大人や子供の虫歯予防などの情報についてもご紹介いたします。歯磨き粉や歯ブラシ、フッ素や糸ようじ、口臭やホワイトニング、予防歯科などについて