虫歯はつらい。子供のうちにしっかり虫歯予防しよう

歯の溶ける仕組み

食事や虫歯で歯の溶け出す仕組みについて解説します。

 

まず、歯というのは主成分がカルシウム。

 

このカルシウム、酸性に弱いんです。
食べ物で酸性の食べ物にずっとさらされた場合、虫歯と同じように
どんどん歯がとけていってしまいますが、
食事自体は短い時間でおわります。

 

食べ物自体、酸性の食べ物ばかりではなく、アルカリ性の物もあるので、
中和(無効化)されて、ダメージ自体は少なくなります。

 

もちろん、食後は、歯はダメージを受けています。
歯の表面は、カルシウムが溶け出して、
でこぼこの歯になってしまっています。

 

ただ、そのでこぼこになった歯は、唾液に含まれるカルシウム成分が、
再び歯に取り込まれてもとどおりの歯になるわけなのです。

 

 

虫歯による酸は特にたちが悪い。

食事によって歯が溶け出して、
食事をしていない間に唾液の力で歯が修復されるのは先にご紹介しましたが、
ご存知の通り、虫歯によっても歯は溶け出します。

虫歯というのは、ミュータンス菌をはじめとする虫歯菌に感染して、歯が溶け出した状態のことをいいます。

生まれたばかりの赤ちゃんの歯の中にはミュータンス菌はいないのですが、
両親や、祖父母、お友達などから、虫歯菌をもらってしまう場合があります。

ほんの少しであれば、住み着かない場合もありますが、
たくさんの虫歯菌に口内がさらされると、虫歯菌に感染します。
キスや食器、おもちゃをなめたりして感染してしまいます。

この虫歯菌、人間が食べた食べ物に含まれる糖分を分解して、酸性の代謝物、
つまり糖分を食べて、酸性のウンコみたいなものをだすのです。

この酸性のウンコが、どんどん歯を溶かしていってしまうわけなのです。

よって、虫歯菌によって歯が溶けるのを防ぐためには、
★虫歯菌自体に感染しないようにきをつける→赤ちゃん・幼児の頃に、食器を大人と子供で分けたり、
キスをしないよう気を付けたりしましょう。
★虫歯菌の餌となる、糖分を口の中に残しておかない。→食事の後に、口濯ぎをする、ハミガキをする。

になります。

昔は、食後すぐに歯磨きをすることが良しとされていましたが、
食後すぐは、食べ物の酸性によって歯の表面がでこぼこに溶け出しているので、
その状態で歯磨き粉によってガシガシ磨いてしまうと、どんどん歯の表面が削れてしまい、
知覚過敏の原因となってしまうのです。

これらの点に気を付けながら、
虫歯にならないよう、気を付けましょう。

関連ページ

親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導も
親知らずの虫歯。抜歯しなくてよかった体験談。歯磨き指導も-大人や子供の虫歯予防などの情報についてもご紹介いたします。歯磨き粉や歯ブラシ、フッ素や糸ようじ、口臭やホワイトニング、予防歯科などについて
妊娠中は虫歯になりやすい?歯槽膿漏や効果的な虫歯予防法も
妊娠中は虫歯になりやすい?歯槽膿漏や効果的な虫歯予防法も-大人や子供の虫歯予防などの情報についてもご紹介いたします。歯磨き粉や歯ブラシ、フッ素や糸ようじ、口臭やホワイトニング、予防歯科などについて